『エステ』と『リラク』の違いは何?サロンの目的やサービスをそれぞれ解説!

『エステ』『リラク(リラクゼーション)』の違いって、何だろう?

ホットペッパービューティーなどでは、『エステ』『リラク』という2つのジャンルで分かれているものの、それぞれの「サロンの違い」ってわかりづらいですよね。

(両ジャンルに載ってるお店もあってややこしい…)

 

でも実は、この2つは似ているようで、それぞれ提供されるサービスの内容が違っています

両者の違いを知っていると、利用する際の「目的に応じたサロン選び」にも役立ちます。

そこで今回は、『エステサロン』と『リラクゼーションサロン』の違いについて、お話していきます!

 

「エステサロン」と「リラクゼーションサロン」の違いについて

 

それぞれのサロンの違いを表にまとめてみました↓

エステサロン リラクゼーションサロン
目的 美容 癒し
施術のアプローチ 外見 内面
施術の特徴 マシン アロマ、音楽等
施術者の呼び名 エステティシャン セラピスト

大体の違いは上記の通りです。

では、それぞれ詳しくみていきましょう!

 

『エステサロン』は、外見の美を磨くためのサービスを提供

 

まずは『エステサロン』について、

エステのサービス内容・施術の目的は主に【美容】です。

エステに訪れる人の【外見的な美】を追求したサービスを提供しているお店となっています。

 

エステは「見た目の悩み」を解消する施術を行う

男女問わず「見た目の悩み」というのは、誰しも抱えているものではないでしょうか。

「ウエストを細くしたい」
「肌にハリが欲しい」
「ムダ毛を無くしたい」
「シミを薄くしたい」

エステサロンでは、このような「悩みの解消」にむけての施術を行っています。

 

施術の対象ごとに、マシンを用いるのが特徴

エステでは、人の手の他にも大規模なマシンを用いた施術が特徴です。

たとえば、ダイエット効果のある「痩身エステ(キャビテーション)」では、体の奥にある脂肪へアプローチするため、超音波を発する専用のマシンを用います。

また、「脱毛エステ」や「美容エステ」においても、それぞれ毛穴や皮下組織へアプローチするため、別々のマシンを用いて施術を行います。

『リラクゼーションサロン』は内面の癒しを追求したサービスを提供

 

続いて『リラクゼーションサロン』について。

リラクゼーションのサービス内容・施術の目的は主に【癒し】です。

前述したエステが外見的な美を追求したものであるのに対し、こちらは主に【内面的な癒し】を追求したものとなっています。

 

リラクゼーションは「心身の不調」を癒す施術

心身の不調」とは、病気と言うほどではないけれど、そのまま放っておくと日々のパフォーマンスを低下させる要因となるものです。

たとえば、下記のような。

●仕事や人間関係でたまったストレス
●体を酷使して蓄積した疲労

これらは誰もが経験あるのではないでしょうか。

そんな時「これがあれば活力が湧いてきて元気になれる」という、癒しの施術を提供しているのが、リラクゼーションサロンです。

【リラクゼーション店】どういう時に行く?5つの例を紹介!私はこういう時!
リラクゼーションサロンは、どういう時に行くの? たとえば「エステサロン」は、脱毛や美肌・美白など、「綺麗になりたい」を目的に行きます。 ...

 

癒しの種類がたくさんある

何に癒されたと感じるかは人によって様々。

そのためリラクゼーションサロンでは、様々な方法を用いて「癒し」を提供しています。

●疲労や凝りなどをほぐす「マッサージ」
●安心感ある「手の温もり」
●心地よい「音楽」
●いい香りの「アロマ」
●リラックスできる「空間」

その他、お店ごとに異なるコンセプト・特色があるので、いろいろ巡ってみるのも面白いです。

【マッサージ】オールハンドの良さは?マシン施術との比較!リラックス効果は?
サロンで行われる施術の中身は、主に2つに分けられます。 ひとつは、リンパの流れや脂肪に作用する専用のマシンを用いた「機器を使う施術」 そして、もうひとつは全ての...

 

あとがき

さいごに根本的な部分をまとめておくと、、

●『エステサロン』は、外見的な美を追求したお店。

●『リラクゼーションサロン』は、内面的な癒しを追求したお店。

以上です!

最近ではエステサロンでアロマを焚いていたり、リラクゼーションサロンで脱毛やってたり、「両方の特徴を取り入れたサロン」もあるようですが、お店を選ぶときは、

エステは見た目の悩みがあるとき、

リラクゼーションは癒しが欲しいとき、

ぜひ、目的に合わせて使い分けてみてください!!

プレッシャーを感じたときやリラックスしたいときに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました