【リラクゼーション店】どういう時に行く?5つの例を紹介!私はこういう時!

リラクゼーションサロンは、どういう時に行くの?

たとえば「エステサロン」は、脱毛や美肌・美白など、「綺麗になりたい」を目的に行きます。

でも「リラクゼーションサロン」って、どういう目的でどういう時に行けばいいのか、イマイチわかりづらいですよね…。

そこで今回は、リラクゼーションサロンについて、

どういう時に行くのか?

私はこういう時に行ってるよ!

っていうのをお話していきます!

リラクゼーションに興味がある人は、ぜひ、読んでみてください♪

「リラクゼーションサロン」へ行くのはどういう時?5つの例を紹介!

どういう時に「リラクゼーションサロン」へ行くか?

リラクゼーションサロン」は、内面的な部分にアプローチするのが、目的のお店です。

では具体的に、どういう時に行けばいいか?🤔

私は、以下の5つの時に、よく利用しています。

●体に疲れが溜まっている時
●寝不足気味の時
●1人よりも誰かと過ごしたい時
●「デジタルデトックス」をしたい時
●自分へのご褒美をあげたい時

順番に見ていきましょう!

 

体に疲れが溜まっている時

PC作業で肩が凝った…

立ち仕事で足腰が疲れた…

こんな風に体が疲れている時、サロンへ行きます。

リラクゼーションサロンの基本は、もみほぐしやボディトリートメントなどのマッサージ。

種類は違えど「ボディケア」が目的となる施術であるからです。

カチコチに凝り固まった筋肉をマッサージでほぐしてもらい、たまった疲れを解消するために、施術を受けに行きます。

体が硬いと損だらけ!デメリット3つ。筋肉をほぐすマッサージが効果的!
「小さいころから体が硬くて…」 「歳をとるにつれ、さらに硬くなった…」 と、前屈や開脚ができず、嘆いている人は多いのではないでしょうか…。 ただ、普段生活していく...

 

眠れていなくて、寝不足気味の時

あまり眠れていない…

忙しくて、寝つきが悪くて、眠れていない時の理由は様々ですが、そんな寝不足の時にサロンへ寝に行きます

家でも眠れるはずなのに、なぜ、わざわざリラクゼーションサロンへ寝に行くのか?

それは、「マッサージと睡眠による相乗効果が凄まじい」からです。

一説によると、マッサージ中に寝ていた時間は、「普通に寝る時の3〜5倍分の睡眠時間」に相当すると言われています。

つまり、マッサージを受けながら30分寝たら、なんと最大で150分寝ていたのと同じ効果があるようです。

そのためサロンで軽く寝ていただけでも、頭がすっきりしてリフレッシュできます♪

また、マッサージを受けていたら眠気が誘発されるので、不眠改善にも効果的です。

マッサージ中に寝てしまってもいい?寝落ちが効果的な理由!
リラクゼーションサロンで思わずうとうと…。気持ちいいマッサージ、心地いいヒーリングミュージック、アロマの香りに癒され、「寝てしまっていた」という経験ありませんか? 私もマッサ...

 

1人よりも誰かと過ごしたい時

誰かといっしょに過ごしたい

休日や仕事終わりとかに、1人よりも誰かと過ごしたいって時ないですか?

私は愛媛県に今住んでいますが、こちらには知り合いもいないので、何となく1人で寂しいって時には、リラクゼーションサロンへふらっと行くこともあります。

何度か通って顔なじみのセラピストさんができると、楽しいです♪

あと、寂しがりだけど人見知りのため、人が大勢いるコミュニティに飛び込む勇気はないので、1人で行くのが基本のサロンに助けられています。

 

「デジタルデトックス」をしたい時

1日を思い返してみると、生活の中で暇があれば、ずーっと手元のスマホ画面を見ていませんか?

かのローランドさんも「みんな死ぬときに流れる走馬灯がスマホ画面になるよ」って言ってたけど、確かにそれくらいずーっと見てる気がする。

デジタルデトックス」とは、そんなスマートフォンやパソコンなどの電子機器から「時間を決めて距離を置くこと」です。

やってみると、意外と頭がスッキリするんですよね。

 

リラクゼーションサロンでは、電子機器から離れて施術を受けることになるので、「メール連絡もSNSもPC作業も放棄したい」って時に、デジタルデトックスも兼ねてお店へ行きます。

デジタルデトックス」の効能は、以下のようにたくさんあるので、ぜひお試しあれ♪

●気持ちがスッキリする
●目の疲れが取れる
●脳の疲れが取れる
●睡眠の質が良くなる
●ストレスが減る

 

自分へのご褒美をあげたい時

大きな山場を乗り切った「自分へのご褒美」として、行くこともあります。

そういう時ぐらいはいいかと、普段よりも「良いコース」で入ることが多いです。

いつもは90分コースだけど特別に120分にしたり、いつもは選ばないメニュー、付けないオプションを試してみたり、何かをプラスして自分を労っています。

 

あとがき

今回は、『どういう時に「リラクゼーションサロン」へ行くか?』についてお話しました。

いろいろ書いたけど、まとめると「癒されたい時に行く」っていうのに集約される気がしますね。

ぜひ、生活の中にリラクゼーションサロンで「癒し」を取り入れ、日々を豊かにしてみてはいかがでしょうか♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました