たったの3つ!?「リラクゼーションセラピスト」に必要な勉強とは?

 

リラクゼーションセラピストに興味があるけれど、何を勉強すればいいのかわからない…

セラピストは「専門的な知識・技術が必要な仕事」なので、勉強することが多くて難しそうな気もしますよね。

でも実は、セラピストが勉強する内容については、大きく分けてたったの3つしかありません。そのため、未経験からでも挑戦しやすく、充分に目指すことができる仕事でもあります。

今回は、セラピストとして必要な3つの勉強内容についてお話しします。

 

「リラクゼーションセラピスト」に必要な3つの勉強内容とは?

 

セラピストに必要な勉強は、大きく分けて以下の3つになります。

  • 施術
  • 理論
  • 接客

それぞれ詳しく見ていきましょう!

 

癒しを提供するために必須の「施術」

リラクゼーションセラピストとして必ず勉強しなければいけないのが「施術」です。

施術は、セラピストとしてお客様を癒すための手段となるため、絶対に覚えておかなければならないからです。

施術の中身としては、顔やボディなどへのオールハンドでのマッサージである「手技」がメインとなります。

この手技については、やり方や手順を「ただ覚えておけばいい」というのではなく、触れ方や圧のかけ方、手技の種類などをお客様によって調整する必要があるため、実際の肌に触れて「身に着けていく」ことが重要です。

マッサージ等の手技に関してはサロンによっても異なるため、実際にサロンで働くときに独自のやり方を学ぶこともできます。

また、手技以外の施術の幅を広げるために、余裕があればアロマの知識やホットストーンなどの施術について学んでおくことも大事ですね。

 

 

施術の根拠となる「理論」

お客様へ癒しを提供する前に、セラピストとして知っておかなければならないのが「人体の構造」や「リンパの流れ」といった理論的なこと。

お客さまへ本当に心地良い癒しを提供するには、施術の裏付けとなる「骨格・筋肉のつくりやリンパの流れなどの知識」をしっかり理解する必要があるからです。

たとえば、どことどこの筋肉が繋がっているのかや、ある部位の痛み・コリはどこに起因しているのか、正しい姿勢はどうあるべきか、など。

これらは「解剖生理学」といわれる分野になります。人体の骨格や筋肉から内分泌系、神経系まで、人の身体のしくみを学ぶことは、身体に深く関わるセラピストにとっては必須です。

そうした知識を身につけたうえで、実践で使えるスキルを磨いていきます。

お客様からの質問や悩みを相談されたとき、このような知識を駆使してしっかり答えられるセラピストは、信頼もしてもらいやすくなります。

 

このような解剖生理学は、主に専門書から学ぶことができます。

とはいっても専門書の内容って、ただでさえ難しい内容に難しい専門用語が使われていて、勉強する気も失せるイメージがありますよね?

なので、まずは初心者向けに内容を優しくかみ砕き、表紙がポップでわかりやすい内容の本から勉強を始めてみて、専門書でより知識を深めていくのがおすすめです。

 

ただし、これには間違った知識を身に着けてしまうというリスクもあることを覚えておきましょう。

セラピストの業界も年々進化しているので、今は通用しない古い間違った本の情報を選んでしまう可能性があるからです。

そのため正しい知識をつけられるか不安な人は、【セラピストの通信講座】での学習がおすすめ。セラピストまでの最短ルートで必要な知識が教材にまとめられているので、独学にも最適です。

独学でセラピストに!「通信講座」で学ぶメリット・デメリット
独学でもセラピストになれるの…? リラクゼーション系のセラピストに限れば、専門の学校で学んだり、何か特別な資格が必要だったりということはあ...

 

お客様を思いやる「接客」

セラピストとしての施術や知識を身に着けたとしても、それだけで完全ではありません。

施術や知識に加え、セラピストはお客様と1対1で向き合って関わる仕事のため、「接客」が重要になります。

細やかな気配りや言葉遣い、快適な空間づくり、マナーなど、お客様が「どうすれば気分よく過ごすことができるか」「癒されたと感じてもらえるか」といったことを常に考え、勉強し続ける必要があります。

これらについては、テキストを使った勉強だけではなく、経験を通じて学ぶことのほうが多いかもしれません。

よりレベルの高いセラピストになるためには、自分で考えて実践し、行動していくことが大切です。

 

あとがき

セラピストに必要な3つの勉強をまとめると、以下です。

  • 癒しを提供するために必須の「施術
  • 施術の根拠となる「理論
  • お客様を思いやる「接客

施術や専門の知識については勉強が必要ですが、接客については経験や相手への思いやりでカバーすることはできるでしょう。

勉強には【セラピストの通信講座】が、今回の3つの内容が網羅されているのでおすすめです。

 

また、セラピストになるには「高いスキルがいるのでは?」と思う人もいるかもしれません。ただ、セラピストの求人には「未経験歓迎」と表記されているサロンもあります。

事前に十分な知識や技能を持っていなくても、サロンには研修も設けられているので、まずはその一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

1日15分学習で「リンパケアセラピスト」になる

コメント

タイトルとURLをコピーしました