「ささくれ」2つの原因と対処法!私のおすすめハンドクリームも紹介!

指に「ささくれ(さかむけ)」ができると、地味に痛痒くてイライラしますよね…。

今回は、そんなプチストレスの原因となる「ささくれ」について、原因や対処法を書いていきます♬

ささくれができる原因と対処法

「ささくれ」ができる2つの原因について

まず、「ささくれが何故できるのか」ってところ。

原因は主に以下の2つがあります!

●寒さによる乾燥
●外部からの刺激

乾燥によって皮膚の水分や油分が減少してしまうことで、指先の薄い皮がめくれあがってしまうようです。

また、食器を洗ったり、運転をしたり、荷物を運んだり、キーボード操作をしたり、手を使うことが刺激となり、ささくれになることもあります。

 

「ささくれ」ができたらどうすればいいか?

さて、そんなこんなでささくれができてしまった後、どうするかなんですが…

治癒のために一番やらなければいけないのは「保湿」です。

保湿の前にまず、ささくれ部分が広がらないよう、はがれてしまった皮膚を爪切りなどで切り落とします。

その後、保湿力の高いハンドクリームや軟膏をささくれ部分に塗り、絆創膏や手袋でガードしておきましょう。

 

私のおすすめハンドクリーム

ちなみに私が乾燥の気になる時期に使っているハンドクリームは、こちらです↓

KOSE コーセー コエンリッチ 薬用ホワイトニング ハンドクリーム

 

油断してささくれができてしまったこともあって、また買いました。

普段ちょこちょこ塗るときにかなりいい感じなのと、肌のトーンアップ効果もあってお気に入りです♬

 

また、夜寝るときにガッツリ保湿したい場合は「ロクシタン(L'OCCITANE) シア ハンドクリーム」をつけて寝ます。

ロクシタンは肌が本当にモチモチになるのと、香りがとっても良くて寝ているときにほんのり香り、心地よい眠りにつけるので好きです!

最近はラベンダーの香りを愛用しています!

 

ささくれを早く治したい」という人は、ハンドクリームを塗った後に「保湿手袋」をしておけば、保湿ケアは完璧でしょう。

外出時にも手袋をはめていることで、外部からの刺激を防ぐこともできます。

 

終わりに

ささくれができてしまったらとにかく「保湿

乾燥の気になる時期や、手を良く使う方は、「ハンドクリーム」が必須です!

それでは、皆様のお手元が健やかでありますように。

私も油断しないように気を付けて過ごします…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました