大麻成分「CBDオイルマッサージ」のメリットとデメリットは?

 

「CBDオイルマッサージ」のメリットとデメリットは?

当店では、大麻成分である「CBD(カンナビジオール)含有オイル」を用いたボディトリートメントのメニューがあるのですが、お客様からよく「どういう効果があるのか」を質問されます。

そこで、今回はCBDオイルについての説明と、メリット・デメリットをご紹介していきますね!

 

「CBDオイルマッサージ」のメリットとデメリットは?

 

ちょっと待って!大麻って違法じゃないの!?

って思ってる人もいるかもしれないので、いちおう説明しておきます。

CBDとは、日本でも合法的に使用が認められている大麻成分です。

違法じゃありません!

実は日本では、大麻自体が違法というわけではなく、大麻に含まれているTHC(テトラヒドロカンナビノール)」という成分が規制の対象となっています。

 

この規制対象であるTHCは、いわゆる大麻のハイになってキマる成分です。

一方で使用が認められているCBDは、THCとは対になるもので、鎮静効果をもつ成分です。大麻のTHC以外の成分は全て合法になります。

大麻からこのCBD成分を抽出し、オイルに混ぜて使用するのです。

 

CBDオイルを肌に塗ることのメリットは?

CBDオイルを肌へ塗ることによるメリットは、以下の通りです。

  • ニキビを防ぐ
  • シミ・シワ・たるみを防ぐ
  • 老化防止
  • 収斂効果(毛穴を引き締める効果)
  • 皮膚保護剤
  • 肌の調子を整える
  • 筋肉痛の改善
  • 筋肉のこわばり解消

などがあります。

一般的なオイル以上に、多くの機能性が期待できるのがCBDオイルです。

【アロマオイルの素】植物オイルの種類や効能は?キャリアオイルを5種紹介!
アロマオイルトリートメントのオイルは、ベースとなるオイルにアロマの精油で香り付けしたものが用いられます。 「アロマの香り」の種類や効能は広く知られていますが、実は、こ...

 

CBDオイルを肌に塗ることのデメリット

CBDオイルを肌へ塗ることによるデメリットは、以下のようになるんじゃないかな。

  • CBDをVAPEなどで吸引するよりも吸収が遅い。
  • 通常のオイルに比べて値段が高い。

 

CBDを体内に直接取り込むのとは違って、オイルの塗布となると皮膚からじわじわと取り込むので、吸収が遅くはなります。

ただこれについては、ロングコースでCBDの浸透・吸収時間を確保できれば問題はないかなと思っています。

 

CBDは吸引することで効率的に取り込める

もしくはCBDを取り込むことだけが目的であれば、吸引するのが圧倒的におすすめです♪

ちなみにCBDを吸引することのメリットとしては、

  • ストレス解消
  • 不眠の解消
  • リラックス効果

などがあります!

肌へCBDを塗るのとは違った効能が期待できるようですね。

 

最後に「大麻取締法」について

ちなみに大麻を違法としている日本の法律「大麻取締法」は、不思議な法律です。

その最たる例が、「大麻の所持は処罰されるのに、使用は処罰されないこと」でしょうか。

無意味な禁止法ですよね。

何のための法律なのでしょう?

 

また、大麻の規制対象となるのは、成熟した茎や種子以外の花や葉・根の部分です。

ということはつまり、大麻の茎や種子から抽出したCBDは使用が認められていても、花や葉・根から抽出したものは違法となります。

同じ成分なのに部位が違うだけで違法なのです。

 

今、世界的に大麻は規制緩和の流れにあり、医療用や娯楽用の大麻合法化、非犯罪化が進んでいます。

そんな中でも日本は未だに大麻がドラッグとして扱われているのが現状です。

あとがき

CBDオイルを使ったボディトリートメントが受けられるサロンは、日本でもまだ数が少なく、珍しいんじゃないかと思います。

もしお近くにCBDメニューを扱っているサロンさんがある場合は、珍しいので一度試してみてもいいかもしれませんね♬

では良いリラクゼーションライフを~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました