誰でも簡単に!発売前の「新刊書籍」を書店で購入して読む方法!

発売前の新刊を読んでみたいと思いませんか!?

発売前の新刊が読める」というのは、本好きにとってこれ以上ないステータスですよね。

ただ、出版関係者や書店員ならまだしも、そうでない人にとって、それは夢のような話。

なぜなら、本は決められた発売日まで世に出ることがないから…。

でも実は、ある方法によって、発売前の新刊を読むことができるんです!

今回は「新刊を一般発売前に読む方法」をご紹介します!

誰でも簡単に、新刊を発売前に購入して読む方法!

 

普通は新刊発売が〇月〇日と決められています。

当日書店の売り場に商品が並ぶまで、読者は待たないといけません。

当たり前ですよね。

でもこれはあくまで“普通”のたとえ。

例外をうまく活用すれば、一般発売前の新刊を購入して読むことができるのです!

では、その方法とは?

 

発売前の本が読みたければ「大型書店」をチェック!

 

発売前の本は、「大型書店」に並んでいることがあります。

大型書店とは、巨大な敷地面積を有し、常に人でごった返しているような書店です。

 

たとえば、

●ジュンク堂書店 池袋本店
●丸善 丸の内本店
●MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
●紀伊國屋書店 梅田本店

などが、パッと思いついた大型書店です。

ここに限ったことではないですが、このような大きな書店の棚、新刊コーナーやフェアコーナーなどの目立つ場所には、一般発売前の本が置かれていることがあります。

では、「なぜ、発売前の本が置かれているのか?

新刊本の発売前に「テスト販売」や「先行販売」が行われていることがある

 

大型書店では、新刊本の発売前に「テスト販売」や「先行販売」が行われていることがあります。

 

「テスト販売」ひっそり発売前の本が並ぶ

テスト販売は、新刊の一般発売前に一部の店舗で販売を行い、その売れを見て最終刷部数を決定するもの。

大型書店では来店するお客さんが多く、短期間で本が売れてデータが作れるため、発売前の本が並べられていることがあります。

これは正確な統計を取るために、告知なしでひっそりと行われています。

 

「先行販売」告知ありで発売前の本が並ぶこともある

一方で先行販売は、著者や書店でも告知をし、販売が行われることも多いです。

そのため、事前に店舗をチェックして買いに行くことができます。

時にサイン会などのイベントとともに人を集めて行うことも。

イベントをする場合は、広いスペースが必要なので、ある程度敷地面積のある書店で実施されます。

 

規模が小さい書店でも、利用者が多いと「テスト販売」や「先行販売」が行われることもある

 

「テスト販売」や「先行販売」が行われるのは、大型書店に限ったことではありません。

実は、規模が小さい書店でも、利用するお客さんの数が多いと実施されることもあります。

たとえば、「駅構内の書店」が当てはまります。

駅構内の書店は、仕事終わりや、電車の待ち時間・乗り換えの合間に短時間でも利用しやすいですよね。

駅によっては、「1日の来店者数が大型書店に匹敵する店舗」も存在しているようです。

そのため、大型書店同様、一般発売前の本が置かれていることがあります。

 

終わりに

「新刊を一般発売前に読む方法」をお話しました。

ただし今回の内容については、一部出版社の書籍に限るので、ご注意ください。

それでも、一般発売前の新刊をいち早く読める機会があるというのは、覚えておいて損はありません。

近くの大きい書店の新刊コーナーやフェア台、発信される情報は、こまめにチェックしておきましょう!

雑談
この記事を書いたのは?
乙羽

4年ほど記事を書いてます。セラピストとしても働いています。好きなセルフケアは「爪揉み」です。

乙羽を知る
乙羽を知る
色香ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました